闇金 弁護士

闇金に強い弁護士を選ぶには?無料相談から始めるヤミ金対処法

闇金に強い弁護士・司法書士はこちら

闇金で使われている用語集①

読了までの目安時間:約 2分

 

闇金では普段聞きなれないような用語がたくさん使われています。
実際に闇金から借りたけど、よくわからない用語がたくさん使われていてわからなかったという人もいるでしょう。
闇金から借りること自体おすすめできません。
ですので用語の意味をしっかりと理解しておきましょう。
そうすればいかに違法な貸金だとわかるので、借りる気もなくなりますよ。
では金利に関する用語について紹介します。

 

一つ目はトイチ。
これは金利が十日で一割つくということです。
つまり一万円を借りたとすると、十日後には元金を併せて1万1000円借りているということになるのです。
これは実質年率が365%に該当します。
当然違法となります。

 

二つ目はトサン。
こちらは上記の日数と一緒ですが、割合が違います。
十日で三割という意味なので、1万を借りたとすると十日後には1万3000円となるわけです。

 

三つめはトゴ。
こちらも日数は一緒ですが、十日で五割の金利となります。
つまり一万を借りると十日後には1万5000円になるというわけです。

 

主に使われているのは上記の金利ですが、中には「ヒサン」「ヒイチ」というところもあります。
これは一日の金利となるので、一日で金利がつくのです。
ヒサンなら一日で三割の金利、ヒイチなら一日で一割の金利です。
正規の業者と比べてみても、どれだけ暴利かがわかるでしょう。
どれも違法な金利なので、これを元に貸し付けをしている業者は必ず闇金だと思っておください。

 

闇金の用語   コメント:0

この記事に関連する記事一覧