闇金 弁護士

闇金に強い弁護士を選ぶには?無料相談から始めるヤミ金対処法

闇金の審査基準

読了までの目安時間:約 2分

 

闇金なら誰もがお金を借りることができる。
そう思っていませんか?
しかし闇金にも審査基準があり、それを満たしていなければ闇金からも借りることはできません。
ただ闇金は消費者金融や銀行に比べて審査基準はかなり低いです。
ですので大体の人が借りることが出来ると思っていいでしょう。
では闇金の審査基準について紹介します。

 

まず一つ目は身元を証明できるか。
運転免許証・保険証・パスポートのいずれかが提出できれば問題ありません。
二つ目は働いているか。
会社名や勤務先の電話番号について聞かれます。
返済ができなくなれば会社に電話して借金をしていることをバラされる可能性が高くなります。
三つめは親族の連絡先について。
親・兄弟・親戚などの電話番号について聞かれます。
これは返済できなくなった時に、代わりに返済するよう電話できるからです。
四つ目は嘘をついていないか。
上記の点で嘘をついていれば、当然融資を断ってきます。
ですので嘘をついていれば上記のことを満たしていても融資は受けることができません。

 

このように闇金にも審査基準があります。
とは言っても闇金からは借りないことが得策です。
闇金から借りるのではなく、様々な方法を使って借入を行いましょう。

 

闇金とは   コメント:0

闇金は警察に相談すれば助けてくれる?

読了までの目安時間:約 2分

 

闇金問題で悩んでいる人は、毎日の執拗な取り立てに困り果てているのではないでしょうか?
精神的に追い詰められることも多いので、なるべく早く相談したいものです。
そうなった時にすぐに思いつくのは警察でしょう。
警察に言えば闇金からの取り立ても止まるかもしれない。
そう思って警察に相談に行っても、実際は取り合ってもらえないケースがほとんどです。

 

なぜなら警察は何らかの事件が起こらない限りは動けないからです。
もし自宅近辺に闇金業者がうろついており、会ったら危険な目に合わされるなどのことがあればパトロールくらいはしてくれます。
しかしそれだけです。
闇金業者も警察を恐れているので、当然警察の目が届かないところであなたに接触してくるでしょう。
ですので闇金問題は警察ではなく、弁護士や司法書士に相談しましょう。
どちらかに相談すれば闇金の取りたてはすぐに止まります。
闇金問題を専門としている事務所なら、確実に解決まで導いてくれますので安心できますよ。

 

当サイトでは闇金問題に特化している事務所について紹介しています。
いくつかの事務所がありますので、全てを見たうえで信頼できると思った事務所に相談してみましょう。
どれを選べばいいかわからないという人は、実際に依頼した人の口コミを見て判断するといいかもしれません。

 

闇金とは   コメント:0

闇金問題を相談するなら司法書士と弁護士のどちら?

読了までの目安時間:約 2分

 

闇金問題はとてもデリケートなものです。
闇金からの取りたては非常に執拗ですし、中には危険な目に合わされるケースもあるでしょう。
ですので相談するにしても、ヘタに動けないという人も多いかと思います。

 

闇金問題を相談するなら司法書士か弁護士が適任です。
この二つのどちらかと言えば、やはり弁護士の方がいいんじゃ?と思ってしまいますよね。
確かに弁護士は法律のプロなので安心してお任せできます。
しかし闇金問題は別の点に着目して依頼することをおすすめします。
別の点とは、その事務所が闇金問題に特化しているかということ。
その事務所のホームページをのぞいてみればどんな問題を専門としているかがすぐにわかります。
債務整理を専門としているところ、浮気などの夫婦問題を専門としているところなどです。
その中に闇金問題に特化している事務所があります。
依頼はそういった事務所にしてください。
闇金問題に特化していない事務所に依頼し、結局問題が片付かずに依頼料だけ取られたというトラブルもあります。
ですので依頼する際は弁護士・司法書士にこだわらず、闇金問題に特化しているかということに注目してください。

 

当サイトでは闇金問題に特化している事務所を紹介しています。
すぐにでも相談したいのなら、そちらを参考にしてくださいね。

 

闇金のコラム   コメント:0

完済したら闇金から嫌がらせされる?

読了までの目安時間:約 2分

 

以前闇金にお金を借りてしまったけど、もう完済しているから関係ない。
そんなことを思っていませんか?
確かに完済すればそれで終了となる闇金もいます。
しかし最近主流となっている090金融などで借りてしまうと、いつまでたっても闇金から逃れることはできないのです。

 

では闇金にどんな嫌がらせをされるのかというと、主に電話です。
完済したはずの闇金から何度も電話がかかってきますが、大体の人はもう関わりたくないために無視します。
しかしあまりにもしつこくかけてくるため、一度出てみようと思って出てしまうのです。
電話の内容が融資の誘いなら断ればいいだけです。
しかしそれ以外の内容もあります。
例えば前回の貸付の返済がまだ終わっていない。
以前貸した借金が1000円だけ残っており、その利息が溜まっているから払ってほしい。
こんなことを行ってくるケースが多発しているようです。
闇金からの電話には出ない、また知らない番号には出ないということが一番です。

 

しかしあまりにもしつこいとやはり出てしまいますよね。
ですので闇金に完済してしまったら、電話番号を変えてしまいましょう。
そうすれば新たに電話がかかってくることもありませんので、これで完全に闇金と手を切ることができます。

 

闇金とは   コメント:0

お金の借入に困ったら~公的な借入制度~

読了までの目安時間:約 2分

 

お金を借りたいと思ったら消費者金融や銀行を思い浮かべるのではないでしょうか?
しかしそういった金融機関から借りることができなければ、闇金に手を出してしまう人も多いかと思います。
ですが闇金に手を出すのは最も危険なことです。
ですので闇金には手を出さず、公的な借入制度を利用しましょう。

公的な借入制度にはいくつかありますので、紹介していきます。

 

まずは生活福祉資金貸付制度。

生活費に困っている人向けの制度で、低金利でお金を借りることができます。
次に住宅支援給付。
仕事をしておらず、家を失いそう、または家がない人向けです。
ハローワークの就職支援を受けながら、自治体から賃貸住宅の家賃の支援を受けます。
次に求職者支援制度。
仕事をしておらず、経済的に苦しい人向けです。
職業訓練校に通い、その期間スキルを身につけることができます。
職業訓練校に通っている間は生活費が支給されますが、支援制度なので返済はしなくてもOKです。
最後に生活保護。
これは生活が最低水準以下の人向けです。
借金がある場合は利用できませんので、それらを全て片づけてからでないと利用できません。

 

このように公的な借入制度にはいくつもあります。
困ったら役場に行って相談してみましょう。

 

闇金のコラム   コメント:0