闇金 弁護士

闇金に強い弁護士を選ぶには?無料相談から始めるヤミ金対処法

闇金で使われている用語集②

読了までの目安時間:約 2分

 

闇金では普段私達が使わない用語がたくさん使われています。
その用語を理解できずに借りてしまうという人もいるでしょう。
しかしその用語を理解すれば違法なことがすぐにわかりますので、用語について理解しておくことが重要ですよ。
ではいくつかの用語について紹介しましょう。

 

まずはソフト闇金。
これは取り立てに暴力的な行為もなく、金利は最大でも年80%ほどの闇金業者のことです。
通常の闇金に比べれば対応も柔らかいですし取り立ても暴力に頼ることはありません。
そのためにソフト闇金と呼ばれていますが、上記の金利は違法です。
闇金は闇金なので借りないようにしましょう。

 

次にコーチ屋。
これは簡単に借りることができる金融業者があると言って近づいてくる業者のことです。
当然紹介するのは闇金です。
そして紹介したことで手数料を取ろうとします。

 

次にジャンプ。
これは借りてしまった後に使われる用語です。
返済日にお金を用意できなかった場合、追加の融資をすることをジャンプと言います。
しかしその融資の分から利息を引かれるので、満足の行く金額はまず貸してもらえません。
それどころか借金が増えることになるので、闇金からどんどん逃れられなくなります。

 

闇金の用語   コメント:0

闇金で使われている用語集①

読了までの目安時間:約 2分

 

闇金では普段聞きなれないような用語がたくさん使われています。
実際に闇金から借りたけど、よくわからない用語がたくさん使われていてわからなかったという人もいるでしょう。
闇金から借りること自体おすすめできません。
ですので用語の意味をしっかりと理解しておきましょう。
そうすればいかに違法な貸金だとわかるので、借りる気もなくなりますよ。
では金利に関する用語について紹介します。

 

一つ目はトイチ。
これは金利が十日で一割つくということです。
つまり一万円を借りたとすると、十日後には元金を併せて1万1000円借りているということになるのです。
これは実質年率が365%に該当します。
当然違法となります。

 

二つ目はトサン。
こちらは上記の日数と一緒ですが、割合が違います。
十日で三割という意味なので、1万を借りたとすると十日後には1万3000円となるわけです。

 

三つめはトゴ。
こちらも日数は一緒ですが、十日で五割の金利となります。
つまり一万を借りると十日後には1万5000円になるというわけです。

 

主に使われているのは上記の金利ですが、中には「ヒサン」「ヒイチ」というところもあります。
これは一日の金利となるので、一日で金利がつくのです。
ヒサンなら一日で三割の金利、ヒイチなら一日で一割の金利です。
正規の業者と比べてみても、どれだけ暴利かがわかるでしょう。
どれも違法な金利なので、これを元に貸し付けをしている業者は必ず闇金だと思っておください。

 

闇金の用語   コメント:0

システム金融とは

読了までの目安時間:約 2分

 

闇金融の中にシステム金融というものがあります。
これは一般人を対象にしたものではなく、中小企業を対象にしたものです。
経営が危ない中小企業に融資のダイレクトメールなどを送り、法外な金利で貸し付けを行うというもの。
企業向けの闇金融のようなものです。

 

このシステム金融は、商工ローンから流れた顧客名簿を使ってターゲットを決めます。
経営に行き詰っている企業を見つけたらすぐに行動を開始し、まずはダイレクトメールを送ります。
経営困難な企業なら当然融資の話に飛びつきます。
そういった企業は銀行などからの借入も難しくなっているため、融資をしてくれる可能性がある会社に興味を持つからです。
そしてこのシステム金融は、とにかく融資が早いです。
経営に苦しんでいる企業は早めの融資を希望するので、この点で騙されてしまうのですね。
また連絡は基本的に電話となるので、実際に会うこともありません。
これは借り手側からしても気が楽なので、この点も利用者が多いポイントです。

 

ただ上記に書いたようにこれは闇金です。
決して正規の業者ではありません。
審査をすると言っても、実際には審査なんてしていません。
ただお金を貸し、それに法外な金利をつける。
闇金と同様の手口です。
経営者からすればシステム金融の手口はとても魅力的なもの。
しかし引っかかれば倒産の危険性が増しますので、借りないようにしましょう。

 

闇金の用語   コメント:0

騙されやすいソフト闇金の手口

読了までの目安時間:約 2分

 

最近ソフト闇金という業者がたくさん出てきています。
この名前を聞いたことがある人も多いでしょう。
ソフト闇金という名前から、闇金ほどの金利で貸し出していない業者を思い浮かべる人も多いかと思います。
しかしそれは全くの間違い。
こちらも法外な金利で貸し付けを行っているので、結局闇金と何ら変わりないのです。

 

ではなぜソフト闇金で借りる人が増えているのでしょうか?
それは対応にあります。
闇金と言えば対応が怖い、風貌が怖い人が営業しているというイメージがあると思います。
しかしソフト闇金はこれと正反対。
対応はとても優しく、親切な態度で接してきます。
また言葉遣いもとても丁寧なので、何も知らずに電話すれば正規の業者と間違えても無理はありません。

 

ソフト闇金は対応が柔らかいことからソフト闇金と言われています。
つまり金利の点で甘いということではないのです。
ほとんどの人はこの柔らかい対応に安心し、そのままお金を借りてしまいます。
これがソフト闇金の手口というわけです。
ソフトでも闇金は闇金です。
決して借りないようにしてくださいね。

 

ソフト闇金から借りて困っている場合も専門家に相談が可能です。
返済できないと思ったら、すぐに闇金問題に特化した事務所を探して依頼しましょう。

 

闇金の用語   コメント:0

デリバリー金融とは

読了までの目安時間:約 2分

 

闇金の一種であるデリバリー金融をご存知ですか?
街中の電柱などに広告を貼っているので、見かけたことがある人も多いかもしれません。
ではこのデリバリー金融について詳しく紹介します。

 

デリバリー金融とは、利用者の自宅に直接お金を届ける闇金です。
自宅に直接届けてくれることから、とても便利が良いと思いますよね。
しかしこれは闇金なので、当然高い利息がついてきます。
少し借りただけと思っていても、気付けば元金の何倍もの借金になっていたということも珍しくありません。

 

返済ができなくなれば延滞するという考えも出てくると思います。
しかしデリバリー金融の場合は自宅が相手に知られていますよね。
このことから何としてでも返済しなければという思いにさせ、他の業者から借りてでも返済するのです。

 

闇金なので取り立てはとても悪質なものであることがほとんど。
自宅が知られているならどんな取り立てをされるかわかったものではありません。
ですので決して借りてはいけません。
広告には甘い言葉がたくさん書かれていると思いますが、闇金から借りると将来的に危険ということを覚えておいてください。
正規の業者で借りることが一番の方法ですよ。

 

万が一借りてしまった場合は、いち早く専門家に相談することを心がけてくださいね。

 

闇金の用語   コメント:0

カラ貸しとは

読了までの目安時間:約 2分

 

闇金業者の中にカラ貸しという種類があります。
これに引っかかってしまう人はとても多く、ここ数年間でかなりの被害が出ている例でもあります。
ではこのカラ貸しについて紹介しましょう。

 

闇金業者は、業者間で今までの借入をした名簿などのやり取りをしています。
カラ貸しはその名簿を手に入れ、適当に人選してから電話をかけます。
電話の内容は「以前の借金は完済しておらず、まだ債務が残っていて多額の借金になってしまっている」というもの。
確実に完済したという自信があっても、心当たりがあれば少し迷ってしまうものです。
その状況で「今なら10万程度で手を打つことができるから、すぐに振り込んで」と言ってきます。
考える隙を全く与えずに振り込むよう指示してくるので、ほとんどの人が言われるままに振り込んでしまうのです。

 

もし途中で反論しても、時には脅迫めいた言葉で脅してくることもあるのがカラ貸しの特徴です。
払わなければ勤務先にバラすなどが代表的ですね。
これは立派な脅迫罪に値しますので、警察に相談しましょう。

 

ここで振り込んでしまうと、今度は別の業者からターゲットにされるかもしれません。
ですので一度でも振り込んでしまうとアウトと思って、絶対に振り込まないように注意してください。

 

闇金の用語   コメント:0

ヤクザ金融とは

読了までの目安時間:約 2分

 

闇金には様々な種類があります。
多いのは090金融ですが、中でも特に危険なのがヤクザ金融です。
ではこのヤクザ金融について紹介しましょう。

 

ヤクザ金融とは、ヤクザの下の立場の者が営む貸金です。
マンションなどを事務所代わりにし、そこで貸金業を行います。
もちろん無許可です。
闇金と大きく違うのは、高額の貸し付けを行っていることです。
一般的な闇金は初回であれば5万程度の貸し付けしか行いません。
しかしヤクザ金融は初回でも高額の貸し付けを行います。
闇金なので当然金利は法外なもので、トイチやトゴなどがほとんど。
この高額の融資をメインとした貸金業者をヤクザ金融と言います。

 

このヤクザ金融の本当の怖い部分は取り立てにあります。
ヤクザが経営しているのですから、当然取り立てもヤクザが行います。
ですので通常の闇金よりも荒っぽい手段を用いてくるケースがほとんど。
命の危険を感じるほどの取り立てをされたという人も多くいます。
中には家族に危険が及ぶケースもあるので、このヤクザ金融で借りたら専門家に相談すると同時に警察にも相談した方がいいでしょう。

 

警察に行く場合は、取り立てをされた日時や内容をメモに残しておくと良いですよ。
こういうことをされたと言えば、警察はパトロールなどで自宅周辺を見回ってくれます。
また専門家に相談することで取り立てもストップしますので、命の危険を感じる前に相談しておいてください。

 

闇金の用語   コメント:0

一番多い闇金「090金融」

読了までの目安時間:約 2分

 

あなたは街中で090から始まる電話番号が書かれた広告を見たことがありませんか?
ガードレールに貼られていることもありますし、電柱に貼られていることもあります。
そしてその広告には「無審査」「お金貸します」「高額融資」などの事が書かれているのです。

 

ほとんどの人は無視するでしょうし、存在に気が付いていない人の方が多いかもしれませんね。
しかし消費者金融や銀行と言った金融機関からお金を借りることができない人からすれば、それはとても甘い言葉。
そのまま電話をしてしまう・・なんてことも珍しくありません。

 

しかしこれは闇金です。
最近とても多い手口なのですが、これを090金融と言います。
事務所を構えずに携帯電話だけで営業を行う闇金で、お金の貸し付けの約束なども電話で行います。
当然審査はありませんが、取り立てのために住所や勤務先、親族の情報などを聞いてきます。
これを審査と勘違いして、そのまま借りてしまう人も多いようです。

 

お金の貸し付けと返済は最寄りのスーパーの駐車場などで行います。
指定した時間に来るように言い、その場でお金を貸すのです。
返済に関しても同じ方法です。
もちろん闇金なので法外な利息ですし、少しすれば返済できないという状況になるのは言うまでもありません。

 

この090金融は事務所を持っていないため、専門家に相談したり警察に相談しても解決できないケースがほとんどです。
電話番号だけが頼りなので、尻尾が掴めずに泣き寝入りということも多々あります。
甘い言葉がたくさん書いてある広告を見ても惑わされないようにしてくださいね。

 

闇金の用語   コメント:0

闇金の種類

読了までの目安時間:約 3分

 

闇金と言う言葉を聞いたことがある人も多いかと思いますが、闇金にはたくさんの種類があるということを知っている人は少ないでしょう。
法外な金利を取るというところでは一緒なのですが、その手口は実に様々なもの。
誰もが引っかかってもおかしくない手口もあるので、まずは闇金の種類について知っておきましょう。
ではいくつかの種類について紹介します。

 

まずは紹介屋。
申し込んだら住所や勤務先、親族の情報を聞き出して審査をします。
そして貸せないことを言い、他の金融機関を紹介するという手口です。
他の金融機関とは審査が甘い消費者金融や闇金です。
これを自分たちが上手く手を回してお金を貸すからと言い、手数料を取ることが目的。
借りたお金の一部を手数料としてもらうことで利益を上げているのです。

 

次に信用屋。
申し込んだら「あなたの信用では貸せません」と言われます。
しかし信用を作るために、10万円ほど振り込んでくれと言ってきます。
10万円振り込めば貸し付けができるし、振り込んでもらった10万円も後ほど返すというのです。
当然これは詐欺なので、返すわけがありません。
電話しても担当者が外出中と言い張って相手にしてもらえないのです。

 

最後にキャンセル料金融。
いきなり電話をかけてきて、「以前貸し付けの申込みをしましたね?」と言ってきます。
当然身に覚えのないことなので「していない」と言いますよね。
それでもしつこく食い下がり、「申し込みをキャンセルするならキャンセル料を払え」と脅してくるのです。
その場だけでは終わりません。
あちらが指定する時間に電話をしてくれと言ってきたので指定時間に電話をすると相手が留守。
そのまま放置しておくとなぜ電話をしないのかと無理矢理なことで責任を押し付けてくるのです。
とにかくあの手この手を使ってお金を奪い取ろうとする手口です。

 

闇金の用語   コメント:0